RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
中華航空機事故 発生15年の慰霊 遺族が献花 名古屋(毎日新聞)
 正午に園が開門されると、遺族たちが次々に献花に訪れ、約400メートル北の事故現場に向かって手を合わせた。事故の起きた午後8時16分には関係者が黙とうをささげた。事故で夫を亡くした竹尾宏美さん(66)は「家族旅行をする人たちを見ると寂しさが募ります」と話した。

 遺族会副会長の羽深渉さん(60)は「15年を区切りに、今後は他の航空機事故の遺族会と連携し、被害者の支援活動などに取り組みたい」と話した。【花井武人、写真も】
author:mamurata, category:-, 06:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 06:00
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。