RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
豚インフル、NZにも拡大か…メキシコの死者81人に(読売新聞)
 メキシコ政府によると、同日、豚インフルエンザが疑われる同国の感染者は1324人、死者は81人に増えた。ニュージーランドでもメキシコ帰りの高校生に感染の疑いが浮上、感染は世界的な広がりを見せている。

 チャン事務局長は、緊急事態認定に当たり、「インフルエンザ様の症状の異常な流行や重篤な肺炎」の監視措置を徹底するよう各国に勧告した。一方、WHO緊急委は、6段階(フェーズ)からなる新型インフルエンザの警戒レベルに関しては、「臨床的、疫学的な情報が不十分」として、現行の「3」から「4」への引き上げを見送った。世界金融危機のさなか、拙速な判断が世界経済に与える影響も考慮したと見られる。緊急委は28日再度開かれ、改めて警戒レベルの見直しを協議する。発生国のメキシコでは、カルデロン大統領が25日、当局による感染者の強制的な隔離や交通制限を可能とする「非常事態宣言」を発令した。

 一方、米カンザス州の保健当局は同日、州内の夫婦2人が豚インフルエンザに感染したと発表。夫婦は最近、メキシコに旅行しており、現地で感染したとみられる。すでに6人の感染者が出ているカリフォルニア州でも同日、新たに35歳の女性の感染が確認された。全米の感染者は、テキサス州の2人を合わせ3州11人となった。このほか、米疾病対策センター(CDC)によると、ニューヨークの私立高校でも最近メキシコを旅行した生徒8人の感染が濃厚となった。

 ニュージーランド厚生省は26日、メキシコから帰国したばかりの高校生10人がインフルエンザにかかっていたと発表。豚インフルエンザの疑いがあり、WHOに検体を送り検査する方針だ。ロイターやAFP通信によると、メキシコから最近帰国した人のうち、スペインで3人、フランスで2人、イスラエルで1人に感染の疑いが出ている。
author:mamurata, category:-, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:00
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。