RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
さわやか特急・利府から甲子園ゆき:09センバツ初出場/中 /宮城(毎日新聞)
 利府ナインには練習後に毎日行う「儀式」がある。
 「朝〜明けの〜」
 泥にまみれるなどしたユニホーム姿でグラウンドに整列して校歌を合唱する。甲子園で活躍する自分たちをイメージしながら。さわやかな歌声は学校を超えて響き渡る。
       ◇
 その歌声にグラウンド近くの自宅で聴き入る人がいる。
 校歌「翔(と)べ紺碧(こんぺき)の空へ」を作詞した初代校長の橋本力(つとむ)さん(81)だ。歌詞には教育目標に定めた「知・徳・体」の思いを込めたという。今、センバツ出場を人一倍喜ぶ。「私の精神は校歌の中にある。それを生徒たちが理解してくれた」
 83年4月、新設高校準備室長に就任。1年後の開校準備に奔走した。「勉強だけではなく生徒活動や部活動もしっかりする生徒に入学してもらいたい」。その思いを胸に県内の中学校を説明して回った。
 開校当初から力を込めたのが地域密着活動だ。利府の特産品・ナシの授粉ボランティア活動を全校生で行い、町内の清掃活動にも積極的に取り組んだ。町もグラウンドの整備などに協力。学校と町は創立1年目から互いに深い交流があった。
 1年生だけで始めた部活動。大きな期待はできない。だが、そんな開校直後の夏、野球部は快進撃を始めた。いきなりの宮城大会16強入り。「利府旋風」「さわやか利府」。そんな活字が新聞で躍った。学校全体に、地域に、活力が生まれた。野球部1回生の父母らでつくる「力(ちから)会」と橋本元校長は今も、年1回の宿泊旅行などで旧交を温めている。
 校長を4年務めて88年に定年退職。「利府高の近くにいたい」。そんな思いから89年に仙台市太白区から現在の自宅に移り住んだ。時間を見つけては野球部の試合を球場で観戦している。
 「やっと念願がかなったんだから、精いっぱいやってほしい。1度だけでも校歌を甲子園で聴きたい」。それが今の願いだ。
       ◇
 「25年の節目の年に大変な朗報を聞いた」
 利府高校野球部の初代監督、小田島修さん(61)はセンバツ初出場が決まった日、今年41歳になる1回生の教え子たちと祝杯を上げた。
 自身も岩手県北上市出身の元高校球児。大学卒業後、教員になってから30年間、高校野球に携わり、利府高では監督と副部長を計16年間務めた。異動してからも、帰宅途中に練習グラウンドをのぞいていくこともあった。
 昨年3月定年退職。「去年の夏以降の公式試合は全部見に行った」。仙台育英を破り初優勝した昨秋の県大会決勝を「考えつかない展開だった」と振り返る。試合を見て感じたことはすべてメモにして小原仁史・現監督らに渡した。穀田(こくた)長彦(まさひこ)部長らからは「総監督」と呼ばれ慕われている。
 「赤点を取った生徒に練習するなといって教室で勉強させたこともあった」と笑って監督時代を振り返る。「野球は手段であって目的ではない。野球をやっているから、レギュラーだから偉いわけではない」。そう、選手たちに伝えてきた。
 「小田島監督」時代、最も甲子園に近付いたのは91年7月。宮城大会で決勝まで進み、対戦相手は強豪・東北。だが、決戦当日の朝、エースがバント練習で右手中指に裂傷を負い、2―5で敗れて涙をのんだ。その夢の「甲子園」が18年たった今、現実となる。
 「目標の地だったということをかみしめて精いっぱいプレーしてほしい」。そう語る一方で、ちょっと厳しいエールも送る。「今回が最後ではない。春からは追っかけられる立場になる」。16歳と17歳の春、全国の舞台に立つ選手たちを、「総監督」も厳しくも温かいまなざしで見つめている。【須藤唯哉】

2月12日朝刊
【関連記事】
・ さわやか特急・利府から甲子園ゆき:09センバツ初出場/上 /宮城
・ 第81回センバツ:利府監督ら役場訪れ、町長に出場報告 /宮城
・ 第81回センバツ:利府の監督らが仙台支局を訪問 /宮城
・ 第81回センバツ:利府「甲子園で校歌を」 OB阿部さん、後輩らと練習に汗 /宮城
・ 第81回センバツ:横断幕で町は祝賀ムード 雪ちらつく中、利府が初練習 /宮城
author:mamurata, category:-, 14:00
comments(3), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:00
-, -, pookmark
Comment
2009年春の甲子園で悪名を馳せた「侮辱ブログ枠」が「さわやか」とは、『響け!ユーフォニアム』の滝先生ならば「何ですか、これ?」ですね……(笑)。
もともと、「『21世紀枠』で選出される為にボランティア活動をやった」と当時の監督・小原(敬称略)が公言した時点で、私は胡散臭いと思っていましたが、「平成王子」塚本峻太の騒動で「この学校だけは絶対に応援しない!」と誓いました。と同時に、このような「愚行枠」を思い付いた全盛期の箕島監督・尾藤公(2011年没)の罪は万死に値します!
杉原シンドラー, 2017/12/12 2:12 PM
杉原シンドラーって奴は21世紀枠を愚行枠と罵りあらゆる掲示板を荒らして回る腐れ外道です。無視するのが一番です
通りすがり, 2019/01/29 10:10 AM
「通りすがり」様

「模範校」という建前で選出された(しかも一般枠の成績を残した訳ではないのに甲子園に出場させてもらった)分際で、侮辱ブログを起こした利府高校野球部は非難に値すると思いますが、どうですか?
又、他人のことを非難するならば「通りすがり」などではなく固定HNを使用してもらいたいですね(貴殿にそれを求めるのは無理か?)
杉原シンドラー, 2019/03/12 1:10 PM









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。